ハーブ&アロマコンサルタント・greendoor(グリーンドア) めぐみのつぶやき・・・


by greendoormeg
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

梅、桃、桜の花の香りは

立春の後、GWまでに順番に咲きながら春を伝えてくれる、日本の花の代表のようなこの三つ。それぞれどんな香りがするか、ご存じですか?
息子達が幼かった頃ほとんど毎日のように訪れていた公園は、都内でも有数の季節の花々に溢れる広大な園でした。桜はその広さにふさわしく立派な大木が連なっていましたが、梅と桃の木は大人の背丈ほどに整えられていました。毎年、花が咲き始めてから様子を見ながら作業されていたので、近くで遊んでいる私たちに花がたくさんついているけれど切り落とさざるを得なかった枝を、よくお分け下さいました。
外で嗅ぐことの多い花は家の中にあると印象が変わります。香りものびのびとした部分よりも陰影を感じたり。その時期に、白と紅の梅の香りの違い、はたまた桃と紅梅の違いなどを知りました。先週辺り、梅を見に行ったという便りをいくつかいただきました。今年は遅いのでしょうか。西の方の知人は三分咲きだったと。桜の開花予報は例年よりやや早いようですが。
これらの花たちの精油は残念ながらありません。採油率がとても低いようです。数年前、桜をイメージしたフレグランスを精油を使って作っていた事があります。なかなか納得いく物が出来なかったのですが。その後、調香を学び、単体香料を手元に持つようになってからは、いわゆる合成香料も駆使して香水創りを楽しんでいます。本格的な香料オルガン(両開きの棚の内側も棚段になっているような)を操る調香師の足下には及びませんが。
梅の花なら何を使いましょう。
β-フェニルエチルアルコール、酢酸ベンジル、リナロール、ゲラニオール、シトロネロール、フェニルアセトアルデヒド辺りに精油のイランイラン、クローブ、ローズAbs.を加えて、テルピネオールは必要かしら、後は微量に何を入れるべき?
イメージトレーニング(?)だけでもとてもウキウキです。
[PR]
by greendoormeg | 2006-03-04 08:03 | フレグランス