ハーブ&アロマコンサルタント・greendoor(グリーンドア) めぐみのつぶやき・・・


by greendoormeg
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

タグ:フランス ( 35 ) タグの人気記事

a0055817_8473119.jpg

昨日は朝からそのイメージが頭から離れなかくて(*_*)
前夜物凄い嵐だった影響があるのかないのか…。

以前、ミキサーはジューサーの代用にはならないと聞いてから、
フレッシュジュースは専門店(スタンドみたいな方が多いけどf^_^;)でいただくようにしています。
ミキサーやフードプロセッサー等は、材料を高速で切り刻んで液体化しているだけで、
体に有効に働く栄養素は繊維から遊離されないのだとか。勿論、食物繊維は重要な成分の一つですが、
私たちの細胞に栄養を与えてくれるのは繊維から遊離されたジュース分らしく。

って!!
難しい事はいいの~!とにかく飲みたいわ~(ToT)状態。
辿り着いて嬉しすぎて、写メ撮るの忘れました、\(◎o◎)/

この画像は秋にスペインでジュースをすすめられた時に、あまりに膨大な種類と量に思わず撮ったもの。
あ、そういえば今思い出したけど、この時もスコールが続いてたせいか、体調はっきりしなかったのだわ。気圧の変化に弱いのかしら(?_?)

新鮮な生の果物や野菜から絞りだされるジュースは、それぞれ役割が違うと教えてくれたのもここ。
フルーツは速効性のエネルギーを供給してくれると同時に、体内をクリーニングしてくれるから、さぁお飲み!と
東洋からの異邦人にサーブしてくれたのでしたっけ…
[PR]
by greendoormeg | 2007-04-02 08:47 | 健康&美容

窓から眺めて

a0055817_9491531.jpg
まるでパリのカフェからのような風景でしょ?

東京から離れた場所に出かけてくると言うと
「雪降ってるかなぁ♪」
と息子達。
まだよ~(-o-;)
ホラね。
紅葉がまだいい感じで街を彩っていました。

「ただいまぁ」
「お帰りなさ~い!雪どうだった?」
だからまだだって…
[PR]
by greendoormeg | 2006-11-24 09:17 | おいしい&旅

シャトーに想いを馳せて

a0055817_640553.jpg「ボジョレー」と聞いてここ数日思い出しています。
フランスで過ごした期間で唯一の休日に、パリから遠く離れてワインを作っているお城を訪れた事を。
まだ朝暗い時間にパリを出て、ようやく高速を降りると風景は一変。
片側一車線のさほど広くない道の左右にに広がるブドウ畑。
「ここで降りて写真を撮らせて~」とフランス語で言えない私^^;、車内からパチリ、なのでちょっと見づらいですが・・・。
最初なかなか気づかなくて。
だって私の知っているブドウは棚に生っていて。ブドウ狩りの印象です。
でもここはご覧の通り、木は縦に伸びています。
うわぁ、こうなっているのね~~♪と一人興奮しているうちに着きました。
a0055817_6471619.jpg
割とこじんまりとしたお城です。
ワインのテイスティングの写真は夢中で飲んでて^^;撮り忘れましたが、まずまず。7-8種類いただいたでしょうか。2003年の白が私は気に入りました。
さて、今夜解禁のボジョレーヌーボー、今年のお味が楽しみです^^。
[PR]
by greendoormeg | 2006-11-15 07:03 | おいしい&旅
a0055817_10505172.jpg今年もその季節。
成田に到着したというニュースを見ると心弾みます♪
フルーティーな香りで今年の(も・笑)出来はいいらしいとか、
ボジョレーヌーボーなんて美味しくないのに、
そいったお話も耳にしますがさておき、イベントですから。
お食事にはグラス1杯の赤ワインがあればご機嫌な私にとっては。
[PR]
by greendoormeg | 2006-11-11 10:54 | おいしい&旅

ラベンダー蜂蜜

a0055817_6394032.jpgフランスに滞在中、好んで足を運んだのはセフォラとモノポリ。
モノポリはチェーン系ストア。ここで私が大量買いしたのが多くの単花蜂蜜。
(ガラス瓶なので、帰国のスーツケースは行きの倍の重さになっていましたが^^;、それはおいといて・・・)。

これはラベンダー。意外に日本では見つけられなかったのですが、とても廉価で手に入りました♪
ラベンダーといえばアロマテラピーの領域では万能な作用が重宝されていますが、花から採れる蜂蜜にも同じような効果が考えられるそうです。
「鎮静」「殺菌」は蜂蜜全てに共通の作用のようですから、さらに期待できるのかも。

11月の声を聞いても秋という実感がないほど暖かい日が続いていましたが、今日は少しひんやり。夜は冷え込みそうです。
今夜はお休み前にホットミルクにいれてみようかしら^^。
[PR]
by greendoormeg | 2006-11-02 10:09 | 健康&美容
a0055817_6373057.jpg
幼い頃からの好物にモンブランがあります。
子供の頃はうまく発音できず、「おそばのケーキ」と言っていました^^;
形状が、ね♪

それを知った年上の友人が「モンブランなら絶対ここ」と連れて行ってくれたのが、銀座のサロン・ド・テ アンジェリーナ。18歳の頃でした。
ご存知の方も多いでしょうが、ここのお店の代表格。
その大きさには圧倒されました!
日本オリジナルでハーフサイズも用意されていますが、以来秋には必ず(通年メニューですが、やはり季節を意識して^^;)一度は頂いています。

パリに行ったときももちろん寄りました。
ルーブル美術館の近くのサロンに。
お味ですか?おんなじおんなじ!と一人興奮していました~。
[PR]
by greendoormeg | 2006-10-26 09:59 | 健康&美容
あぁ、そうだったのね!
説明を聞いて納得。
先日、お会いした新規お取引先の「社名」のお話。

最初そちらのお話があったのは初夏。
「ジュージヤさんの仕事を引き受けてくれる人を探している」
と、調香の師から聞きました。
「え?!十字屋さんがなぜスクール???」
私にとって、その「音」の企業は生地や洋裁用品を一手に扱うチェーン店の認識だったので^^;
「いや、アルファベットでJEUGIAです」

関西の方ならお分かりでしょうか?
京都の老舗の楽器チェーン。
大証に上場もしているそう。
最近はそういった音楽関係以外にもカルチャースクールを展開していて、
この秋、
東京に新規出店する店舗でお仕事させていただくことになったのですが、
お話を詰めながらいつも不思議だったのが、
この綴り。

先日、本社の方にお会いした時、ついにお尋ねしてみました。
微笑みつつお話下さいました。
「“JEU”はフランス語なんです。
遊び、ゆとり、楽しみ(愉しみ)という意味があって。
“~IA”は限定したエリアや領域をさすようです。」
そうだったのですね~~。
元々は漢字だったようですが、
上場の段になって私が混同した企業との社名のバッティングに気づいて、
アルファベット表記に変えたそうです。

そうお聞きした途端、響きがスマートに感じられたりして♪
[PR]
by greendoormeg | 2006-10-25 11:24 | フレグランス
a0055817_638248.jpg
大学時代に知り合った友人の影響、大です。
それからの数年、一気にフレグランスフリークになった私。
ヘビーユーズはこれ。
何本のボトルを空にしたことでしょう。

それまでも祖母が使っていた扇子やお香にはとても興味があったのですが、
高校の頃、周りが一斉に使っていたシトラス系やムスクのコロンは、なんだかしっくりこなくて。
それに、サガンなどの小説に出てくる「大人の女性」でないと、
香りを身にまとうのは気恥ずかしい気もあって。

私の通っていた大学は共学でしたが当時は女子が極端に少なかったので、
近隣の女子大との合同サークルが多く、彼女とはそこで知り合いました。
お互い「なんでテニスサークルなんて入ってしまったの??」いう感じ(苦笑)が引き合ったのでしょう、もっぱらサークル外でばかり会っていました。

ショッピングしたり旅行をしたり。
彼女はいつも何か香水をつけていました。
ある日、お気に入りの香水が切れたから、と彼女と立ち寄ったフレグランスコーナー。
それが私の香水探求(?)が始まり。

彼女が使っていたのはギラロッシュだと知りました。
他にはローレンとか、どちらかというとユニセックスでシプレー系を好んでいたようです。
彼女がつけているといい香りに感じるのに、自分でつけるとしっくりこなくて。
それがかえって不思議な魅力に感じて、香水の虜になったのかも。

このYSLのPARISはいまや名香のひとつ。
毎年のように限定のアレンジが出ますが、オリジナルは手に入りづらくなっています。
久しぶりに使ってみたくなったのですが。
[PR]
by greendoormeg | 2006-10-24 06:56 | フレグランス

新しい手帳

a0055817_632560.jpg来年の手帳を買いました。
念願の(?)水色^^。
大学生の頃読んだ小説の中に、
彼女の誕生日に彼が水色の革の手帳(おそらくエルメス)を買う、
という場面があって、
それはそれは印象深くて。

手帳は私にとって必須アイテです。
若い頃は「お弁当箱!?」くらいのボリュームのシステム手帳を使っていましたが、
30代からは革表紙で中が毎年変えられるものに。
ベージュ、ネイビー、ピンク、赤、と
どうしてもその年にしっくりこない気がすると変えてきていました。
今年は赤でした。
そのまま、のつもりでしたが、
青空のような色に惹かれて手にしたらしっくり。
機能や形状も、私のこだわりポイント(笑)をクリアしていたので。

そして欠かせないのが4色ボールペン。
手帳のペン刺しに収まる細いタイプのものをずっと探していましたが、
去年、あるブランドで偶然出遭えて。
残念ながら替え芯タイプではないので、こちらも来年用を調達しなければ。

12月から使えるようになっています。
暫くは飾っておきましょう。
[PR]
by greendoormeg | 2006-10-22 06:03 | 健康&美容

母、おすすめの雑誌

a0055817_87958.jpg昨夜も遅くまで起きていて^^;、そろそろ寝なきゃと思った時、下のリビングの明かりがついているのに気づきました。
あらあらと思いつつ消しに下りて行くと、なんと!母がまだいて、雑誌に読み耽っていました~(彼女は元々夜更かしなのですが・苦笑)。私に気づいて時間に驚くのかと思いきや
「これ、久しぶりに買ったらすごくいいの!今からでもお料理作りたいくらいよ」
ですって。

確かに、写真がとてもきれい。毎日の食事がテーマなのでシンプルなお料理ですが、この特集は秀逸と思えます。
ひとしきり母と盛り上がり、これは妹にも買ってあげよう、とかお友達にも教えてあげようとか、私のブログに書いたらとか、いろいろ・・・(深夜にも関わらず、ですが)。

というわけで。
こちらクロワッサン最新号で目次が見られるようです。
フランスの家庭料理のハーブ使いに注目している私も、母とは別に買いましょう。
[PR]
by greendoormeg | 2006-10-17 08:20 | 健康&美容