ハーブ&アロマコンサルタント・greendoor(グリーンドア) めぐみのつぶやき・・・


by greendoormeg
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

タグ:ハーブ ( 64 ) タグの人気記事

a0055817_6395990.jpg
たわわに実ったオリーブ。
こんな様子は初めて見ました!
別にオリーブ畑ではなく、庭木のようにいろいろな種類の木々とともに並んでいた中の一つ。
ニースから高速を使って車で40分ほどの町、OPIOでの風景です。

私はこのグリーンオリーブが大好き♪
ピメントを詰めたものより、種入りのままの方が特に。種をきれい(?)に出すのが難しいですけど^^;

オリーブは地中海沿岸の人々にとって、神々の贈り物の化身であり、幸運と恵みのシンボル。フランスだけでなくイタリアやスペインでも、食事の席に着くとまず最初に供されました。
数種類が混ざっている場合が多かったのですが、今でもおいしかったわ、と思い出すのがパリでいただいたローズマリーがまぶされたもの。
普通のオリーブ漬けに、刻んだローズマリーを和えただけなのですが。
小鉢に山盛りいっぱい来たのを、すごいほとんど一人で抱えて食べていましたっけ。

オリーブは陽気な南の生活スタイル~暖かさ、太陽、軽快さ、生きる喜び~そういったものと結びついているようです。
冬の憂鬱な数ヶ月も、オリーブ(オリーブ油もね)を摂取することで、心身の健康そのものを得ているのだと、バルセロナの知人が話してくれました。
[PR]
by greendoormeg | 2006-10-07 06:56 | アロマ&ハーブ
秋生まれのせいか、
木々が紅葉していくさまには幼い頃から風情を感じてて。
今年はいわゆる「紅葉狩り」に行けそうにはないので、
せめてここでと。

今朝の東京は台風の雨でとても荒れた天気です。
仕事に出る気持ちをアップさせなきゃ!と、
ハーブティーを入れることにします。
ローズマリーとペパーミントをベースに、
後は何をブレンドしようかしら・・・。
[PR]
by greendoormeg | 2006-10-06 06:46 | アロマ&ハーブ
日本に帰ってきてから、鼻がムズムズな毎日。
特に今日伺ったオフィスでは酷くて…。水様で、かんでもかんでも(-.-;)ティッシュを大量消費してます。
最初は「風邪!?」と思いましたが、のどの痛みや熱っぽさはなく。
季節外れの赤鼻状態(T_T)
ハウスダストかしら?でも…。秋の花粉は今までは大丈夫だったけど…。
こんな症状の方、他にいらっしゃいませんか?
とりあえず、エルダーのコーディアルをちゃんと飲みます・・・
[PR]
by greendoormeg | 2006-09-25 17:24 | 健康&美容
シャルルドゴール空港で飛行機に乗り込むや否や、アテンダントが新聞を配り始めました。
そういえばこの10日あまり、日本語の活字はそうそう触れることがなかったわ・・・と、数紙を手にした途端、従来の活字中毒(笑)が蘇り没頭。

早速、興味深い記事がいくつかありました。

今日ご紹介するのは18日付けの日経新聞国際版から「植物のエキスで膵臓細胞育てる~糖尿病治療に応用」の記事。

慶応大学の理工学部のある研究室が、植物からとった「コノフィリン」が膵臓の細胞を育てる働きを持つことを見つけ、日本たばこ産業(JT)と共同で糖尿病予防に役立つ健康食品の実用化を狙っていると報じていました。

コノフィリンは沖縄や東南アジアに自生する三友花(サンユウカ)から抽出した物質。アジアオリジンに注目している私としては嬉しい限り。
たまたま今回の国際精油会議(ISEO)にもJTからお二方参加されており、そのうちのお一人と近々お会いする約束をしているので、お聞きしてみましょう♪
なお注目すべきは、予防のみならず治療への道も開けるということ。Ⅱ型だけでなくⅠ型の場合も、このコノフィリンを用いて細胞を体外で増殖した後移植することで。

前述のISアフターディナーの場でも、いわゆる平均寿命は世界各地で突出している地域では特徴的な食べ物があり、それはきっと酵母やt植物のある成分と関わっているはずで、植物からはまだまだ治療に応用できるものがあるはずという話になっていて。
[PR]
by greendoormeg | 2006-09-20 08:26 | 統合医療
a0055817_18183979.jpg

スターバックスのサラダでさえ(笑)、ドレッシングにはフレッシュなフェンネルがふんだんに盛り込まれ、ポテトはパセリなどがまぶされています。
スパニッシュ料理店で出てきたフィンガーボールにはレモンとミントの葉が入っていました。
パリのカフェでアルコール類を頼むとまず運ばれてくる山盛りオリーブ。一番好きだったのはローズマリーを和えた物。
マルシェでも束についてるお値段のお安さに目を見張りました。到底真似では太刀打ち出来ず、ジャパニーズオリジンについて深く考えます。
[PR]
by greendoormeg | 2006-09-18 18:18 | アロマ&ハーブ

風邪気味です・・・

数日前からやな感じで・・・。
ゆうべから少々パワーダウン。
しかも次男も。
私たちは冷房が苦手なのですが、
長男はとっっっても!暑がりで・・・。
消して消しも、いたちごっこで、スイッチを・・・。

最初はエキナセアチンキとビタミンCで乗り切ろうと思ったのですが・・・。
少々手ごわいようです。
お薬とエルダーフラワーのコーディアルを加えて様子見。
この時期に(泣)。

お薬飲みなれていないので、眠くて。
お仕事、つらいです。
今夜は早く寝なきゃ~~。
ユーカリ落としたマスク装着して^^;
[PR]
by greendoormeg | 2006-09-08 17:59 | 健康&美容
朝夕は本当に寒くなりました。
去年に比べると暑さは厳しくなかったように思いますが、
それでも夏は心臓をはじめ身体に負担が大きいので、
ここにきて涼しさからよく眠れる・・・という方も多いでしょう^^

一方で、逆に「不眠」に悩まされる方も・・・。
これは、私たちの体内リズムは太陽の光に司られていることに大きく関係しています。
どんどん日が短くなっていくこの時期はそれが不安定になりがち。
「メランコリーな季節」「物憂い秋」とはよく言ったもの。
誰しもにおきる訳なのですが、大切なのは放置しないこと。
高じて本当の病~鬱や心身症~になってしまうことも!
早めに対策を。

私自身、昨秋、そういう経験をしました。
寝る前の香りに気をつけたりハーブのチンキやサプリメントを飲んだり・・・。
横になる直前までPC作業をしていることが最大の原因だとも気づきました。

その少し前までは息子たちと並んで寝て(*^^*)いたので(っていうか横になって話しているうちに気がつくと寝てるってパターンでしたが)、ゆるゆるした気持ちになる時間がありました。
息子たちだけで寝てくれるようになったのをいいことに(?)、目いっぱい仕事モードでいたわけで・・・。

この秋は大丈夫です。
[PR]
by greendoormeg | 2006-09-07 11:09 | アロマ&ハーブ

微量栄養素の摂取の仕方

お聞きになったことはあるでしょう。
野菜や果物に含まれる栄養価は昔より低くなっているため補う必要がある、とサプリメント業界は語ります。

けれどこうしたビタミン類やミネラル、食物繊維などは、単にたくさん摂取すればよいということではなく、バランスよく摂取することで初めてカラダに吸収されます。

カルシウムはマグネシウムとの比率が大切。鉄分はほうれん草の話を引き合いに良く出されますが、単体では非常に効率が悪く、ビタミンCと共に摂取すべき、というように。

その理想的配合はいまだ解明されていない点も多いのですが、自然の配合にかなうものではないとも言われています。

例えば、ネトル。鉄分をはじめミネラルが豊富ですが、ビタミン類もバランスよく含まれているので、先のほうれん草より鉄分摂取点では優秀。
先日書いたようなフルーツ~特に私が最近好んでいるのはアマゾンフルーツ。活性酸素を抑え、抗酸化物質が豊富に含まれています~もそう。
化学合成ではない、天然の栄養素にはチカラがあります。

それでも不足はありますから、サプリメントも利用しているのですが^^;。
「自然の法則」を尊重しつつ・・・。
[PR]
by greendoormeg | 2006-09-03 11:09 | 健康&美容

復活の木、マヌカ

a0055817_16321089.jpgマヌカハニー、ご存じですか?
少し風味にくせがあります。薬効にひかれて買いたくてもこれまでいつも試味で断念(-.-;)

先日、友人からもらいました。
「疲れてる時とか夜甘い物が欲しくなったら一口食べるといいよ♪」と。
あら、ホントo(^-^)oこれはおいし~い!

原地のニュージーランドの先住民が「復活の木」と呼んでるのは、抗菌・殺菌作用から傷薬に重宝されているから。
これだけなら民間療法によくある話ですが、このマヌカハニー、その薬効~胃潰瘍の原因ピロリ菌をやっつける~はエビデンスがとれていて、メディカルな分野でも使われているんです。

胃だけでなくてお口の消毒にもなるのにおいしいなんて!kちゃんありがとう~♪
[PR]
by greendoormeg | 2006-08-30 16:32 | 健康&美容
先日、あるサロンでアロマフレグランスの講座に母娘でお見えになった方とのお話しているうちに、飼われているワンちゃんのケアについて質問が及びました。とっても肌が弱いそうで、夏は大変、お薬も合わなくて、自己流でハーブやアロマを取り入れているのですが・・・・と。最近、本当にこういうお話お聞きします。「自然」「安心」「健康」がキーワードなのは、人間だけではなく。
数年前に統合医療のカリキュラムの「癒し」の章で「コンパニオンアニマル」という表現を知りました。ペット、ではないのです。愛犬(猫なども)を家族と思っている方々にはペットではない!と。
ともあれ、いくつか商品探しをお手伝いすることになり、見つけたのがこちらのサイト♪
プレミアムドッグフードの専門店 『POCHI』
こちらの「フィトバーム」は「フィト(ドイツ語で植物を意味)」とある通りカレレンデュラ、ハイペリカム、ティーツリーなど、皮膚の炎症やかゆみを鎮めてくれるハーブを含有しています。このレシピは植物療法においてまさに伝統的(ヒトにおいて^^;)な処方!
「家族」の健康にアロマ・ハーブを用いよう、と提唱している身として、リクエストもいただいていることですし、そろそろ本格的にお講座を設けないと・・・と思っています。
[PR]
by greendoormeg | 2006-08-27 16:53 | アロマ&ハーブ