ハーブ&アロマコンサルタント・greendoor(グリーンドア) めぐみのつぶやき・・・


by greendoormeg
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

タグ:ハーブ ( 64 ) タグの人気記事

HINT MINT

a0055817_12363069.jpgときどき行くカフェのカウンターで売っていて。
前からちょっと気になっていたのです、このゴールドのパッケージが。

粒の大きさは、
フリスクなんかと比べると径は同じくらいなのに厚みがあって
(さすがアメリカ産!?)。
カカオとミントのハーモニーが好み♪
甘さやミント感がきつくないし。

幼いころから、ミントチョコって好き。
アイスも、キャンディーも、チョコプレートも。
「え~~!」って言われる事もありますが、そうですか?

この薄い容器缶、空いたら何入れようかしら、思案中・・・
[PR]
by greendoormeg | 2007-01-29 12:36 | アロマ&ハーブ
年末くらいからず~~~っと、鼻がグズグズの次男。
今シーズンの花粉飛散量は例年より少ないといわれていますが、
すでに影響が出ている感じで。

エルダーのコーディアルやエキナセアのチンキ剤でなんとか治まっていたのですが、
ここに来てまたひどくなっている模様。
ティッシュが手離せず・・・。

近くに一人で行かせられる耳鼻科がないので、
もう少し様子見、と思って、
試しにサプリメントを。

なんだか今のところ調子が良さそうです。
シソ、 バラ、 甜茶のブレンド。
これでまた酷くなったら、次は病院かなぁ。

あ、 甜茶(と紅茶のブレンドなんですが)もそろそろ加えてみましょう。
[PR]
by greendoormeg | 2007-01-26 16:05 | アロマ&ハーブ

エキナセア・プルプレア

かわいい名前に似ず、
結構パッションな様相のお花です。
いましばらくは、このハーブにお世話になります。
インフルエンザや風邪を引かないように・・・。

原産地は北アメリカ。
植物療法の先進国ドイツでは「赤い麦藁帽子」と呼ばれ、
古くから民間療法に使われてきたハーブです。
1950年代に、ヒトの免疫組織に有用な作用があることがわかり、
1990年以降、多くの科学者等による研究がなされ、
ヒトの免疫組織の活性化を図ることが確認されています。

ただ、苦味質が含まれているため、お茶にすると刺激的^^;。
もっぱら、チンキや粒タイプを利用しています。

免疫力を高めると聞くと、
高すぎてしまうことはないのか、
と疑問をもたれる方もいらっしゃるようですが、
ハーブの作用は「調整」がキーワード、
医薬品のように一方向の作用ではなく、
足りないものは補完して、
十分なら特に・・・、と
とてもお利口さんなんです。
[PR]
by greendoormeg | 2007-01-05 13:11 | アロマ&ハーブ
a0055817_12254450.jpgいかがでしょう、
何に見えます^^?
抹茶ラテではありませんが・・・

答えは「グリーンマルベリー・ラテ」。
どんなハーブ?って思うでしょ、
実は桑の葉。
焙煎したものはブラックタイプでほうじ茶のような風味。
このグリーンタイプはドライをパウダー状にしたもので、
お湯に溶いていただいたり、パック基材に混ぜて使います。

桑葉の成分には、
血糖値の上昇を抑える作用がある
「デオキシノジリマイシン」(DNJ)という物質が含まれています。
DNJはブドウ糖と構造が良く似ていて、
糖分を分解する酵素とはグルコ-スよりも優先的に結びつく性質があるため、
酵素は糖を分解する活性が阻害され、
小腸からの糖の吸収が抑えられて
血糖値の急激な上昇を制御すると考えられ、
肥満予防にも繋がると期待されています。

年末年始は食事のリズムやバランスが乱れがち。
糖尿病の方は症状を悪化させたり、
予備軍が発症するリスクも高くなりますので、
ご活用されては?

また、
腸内のビフィズス菌などの善玉菌の働きを高めるので、
便秘の改善にも○なんです。

最初に書いたパックのように外用する場合は、
鉄分、カルシウム、亜鉛などの豊富なミネラルや
クロロフィルが皮膚に栄養を与え、
シミの予防をしてくれます。
夏の終わりに重宝しています♪

ハーブと聞くと外来ものというイメージがまだまだ先行しているようですが、
こうして和ものも研究がなされて、
輸入、あるいは逆輸入的に使われているのですよ。
[PR]
by greendoormeg | 2007-01-03 12:32 | アロマ&ハーブ
まだ飲んだことがありません!!

ランチのときにティーバッグで飲んでいる方がいらして。
フェンネル??でもなんだか違うわ・・・、と思いお聞きしたら。

ルイボスティーは、抗酸化作用が高い南米原産のお茶。
私もときどきいただきますが、紅茶をもう少し赤くした色が一般的。
「ルイ」は「赤」という意味もあって。
グリーンは発酵を止めた状態のもので、生産量はごくわずかのようです。

見た目はトロッとしていて、香りもどちらかというとフルーティー。
ナチュラルローソン(また!笑)にあったそうです。
買ってみま~~す。
[PR]
by greendoormeg | 2006-11-30 14:09 | アロマ&ハーブ
a0055817_645963.jpgスターアニス。星型のかわいいハーブです。
個人的には秋冬、重宝しています♪
八角といった方が馴染みがある?
中国を原産地とするいかにも~~な東洋的な香りのスパイス。
中国独特の混合スパイス「五香粉(うーしゃんふぇん)は、この八角茴香(スターアニス)に茴香(フェンネル)、丁子(クローブ)、チャイニーズペッパー(山椒、ジャパニーズペッパー)、中国肉桂(カシア)および陳皮のうち5種類を混合したもの。
KFCでも限定チキンに使われていたのでご存知の方もいらっしゃるかもしれませんね。
漢方では胃弱、かぜ薬に、冷えにもいいです。
クラフトにも使うと○、クリスマスリースなどにいかがでしょう?
[PR]
by greendoormeg | 2006-11-22 14:08 | アロマ&ハーブ

おいしいかしら・・・?

a0055817_621183.jpg名称:34%混合果汁入り飲料
原材料:ホワイトグレープ、レッドグレープ、ピーチジュース、レモン、アップルジュース、緑茶、エゾウコギ、ダイアナ、甘草、マテ茶、ローズマリー、コーラ、香料
原産国名:イギリス
内容量:350ml

おいくらだと思います?525円!です。
チャレンジし甲斐のある金額です^^;、ナチュラルローソンで見つけました♪
でも周りのスタッフ曰く
「すごい色ですよね~(ボトルが)、なんか身体に悪そう!って感じ」
そうかしら?
かわいくないですか?
これは「wake up」タイプ。
他にはrelaxやdetoxなどあって、ビビッドなオレンジやパープルが並んでいました。

期待を胸に秘めて、一口。
ん?桃味??
薄めたジュースのよう、おいしいけど・・・。
色は赤ワインを薄~~くしたような透明なピンク。
ん~~~・・・(==)、そっかぁ・・・。

ハーブを日常に上手に取り入れてるってことで!?
でもこれならフルーツジュースとハーブティーを別々にいただいたいわ、
と思うのは私だけ??
[PR]
by greendoormeg | 2006-11-14 06:47 | アロマ&ハーブ

Trick or Treat~?

今日はハロウィン。
私が認識したのは、かれこれ10数年前。
日本に根付くのかしら~?と思っていましたが^^;
a0055817_8242227.gifご存知の方も多いと思いますが、植物療法の歴史には薬草使いの魔女たちの存在があります。
何年か前にハロウィンパーティーで魔女に扮したことを思い出します^^。今は年中魔女みたいな日々ですが。
昨夜は、この秋冬用のスパイスティーをブレンドしました。
ハロウィンイブの魔力が加わっているかも♪
[PR]
by greendoormeg | 2006-10-31 08:31 | アロマ&ハーブ

定番料理の一つです

a0055817_11263482.jpg煮込み系のお料理は朝仕込みをしていくと、夜OKということもあり、頻繁に作ります。
スープもそのひとつ。
特にこのレンズ豆のスープは息子たちが大好きなので。
レンズ豆は水に浸さなくても使えるところが気に入っていて。
お豆を使うお料理を心がけているので、これは本当に助かります。

材料はそのときにある野菜。欠かせないとしたら玉ねぎくらい。
後は挽肉やとり手羽中の骨付きなどを入れることも。
今回は、玉ねぎ、にんじん、トマト、小松菜(笑)です。
味付けはハーブ&ソルトで。

実はギリシャの家庭料理だったと最近知りました~~^^;
[PR]
by greendoormeg | 2006-10-20 11:26 | 健康&美容

母、おすすめの雑誌

a0055817_87958.jpg昨夜も遅くまで起きていて^^;、そろそろ寝なきゃと思った時、下のリビングの明かりがついているのに気づきました。
あらあらと思いつつ消しに下りて行くと、なんと!母がまだいて、雑誌に読み耽っていました~(彼女は元々夜更かしなのですが・苦笑)。私に気づいて時間に驚くのかと思いきや
「これ、久しぶりに買ったらすごくいいの!今からでもお料理作りたいくらいよ」
ですって。

確かに、写真がとてもきれい。毎日の食事がテーマなのでシンプルなお料理ですが、この特集は秀逸と思えます。
ひとしきり母と盛り上がり、これは妹にも買ってあげよう、とかお友達にも教えてあげようとか、私のブログに書いたらとか、いろいろ・・・(深夜にも関わらず、ですが)。

というわけで。
こちらクロワッサン最新号で目次が見られるようです。
フランスの家庭料理のハーブ使いに注目している私も、母とは別に買いましょう。
[PR]
by greendoormeg | 2006-10-17 08:20 | 健康&美容