ハーブ&アロマコンサルタント・greendoor(グリーンドア) めぐみのつぶやき・・・


by greendoormeg
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

タグ:アロマテラピー ( 59 ) タグの人気記事

卒業おめでとう~♪

季節はずれのタイトルですが(^^;)、先日、’06春期アロマテラピーアドバイザー資格認定講座が最終回を迎えました。
無事全員修了、またまたgreendoor生が旅立ちます。
ご時勢柄、外部のスクールやサロンでは個人情報保護の下お名前を知らされないまま講習をすることが多いのですが、ここでは生徒さん同士もお名前で呼び合い、その後の試験や合格後のさまざまな手続きの相談や代行をさせていただくこともあるので、思い入れが・・・。
いずれ、回期を超えたgreendoor生大勢で集まる機会を設けられるといいなぁ、と思っています(^^)
あ、その前に今期生の皆さん、11月の検定合格に向けて頑張ってくださいね~。
次回のアロマテラピーアドバイザー資格認定講座は、2007年5月の検定に併せて年明け、1~3月に開講します。募集要項が固まりましたらサイトでお知らせいたしますが、受講をお考えの方は予めご相談いただければ、開催日時を調整することも出来ますので、何なりとお問い合わせ下さいませ♪
[PR]
by greendoormeg | 2006-07-19 00:35 | アロマ&ハーブ
昨日は今週末オープンの、癒し系サロンでスタッフ研修がありました。
チェーン展開していますが、スタンダード系、和風、とあり、このお店はアジアンリゾート。そのテイストの第一号店。
連日の施術研修の息抜き、になれば良かったのですが、メディカルな話もあり、ややハードな展開。
本を見ればわかるような話ばかりではいかがかと、ついつい盛込み過ぎてしまう私(^_^;)。
皆さんの反応が心配でしたが、終わるなり次々にご質問に来ていただいたり、わざわざお礼を言いに来られたり。
こちらこそありがとうございます。皆さんの真剣なまなざしに少しでもお応え出来たのなら、うれしいです。
明日は後編です。
[PR]
by greendoormeg | 2006-07-03 22:14 | アロマ&ハーブ

創った香りはそれぞれ

お昼間に、精油で創るフレグランス講座がありました。
精油の扱いは、既に暮らしに取り入れていらっしゃる方から今日が初体験という方まで。
これはいつもの事(なので、難しそう~とおっしゃらずにいらして下さいね♪きちんとサポートさせていただきますから!)。
そしてこれもいつもながら、皆さん違う表情のフレグランスが出来上がりました。
ご用意している精油は24種、アロマ検定に出てくるものがほとんど。
フレグランスに使いやすいとなるとさらにバリエが少なくなるので、ご参加者同士似た香りが出来そうなものですが。
今回はシトラスノートでそれぞれスイート、スパイシー、ハーバル、オリエンタル…、本当に毎回私もとても楽しいです(^-^)
講義中は自分の作品は創らないので、消化不良気味のブレンド意欲(!?)を満たすべく、午後のオフィスワークではアロマポットに数種の精油を滴下。とりあえず満足(笑)。
スイートオレンジ、ベルガモット、ペパーミントetc.…
[PR]
by greendoormeg | 2006-06-28 21:35 | フレグランス

新しい仕事

夕方、
お世話になっているドクターの紹介で、
来月開院されるクリニックに打ち合わせにうかがいました。
とってもデリケートな外来診療、のはずですが、
出ていらした院長は「サーファー!?」みたいな(^^;)。
シンプルですが大変趣味の良い調度が入っていました。
いらっしゃる方にお好きになっていただけそう・・・と。
ドクターもきっと。
院内のディスプレーとアロマデザインのお話をいただきました。
患者様への提供はもう少し先ですが・・・。
ご紹介でお仕事をいただけたことに感謝です♪
でも、うっかり屋の私ですから、心配も抱えつつ・・・。
とにかく一生懸命やらせていただきますm(_ _)m
[PR]
by greendoormeg | 2006-06-27 21:01 | 統合医療
「統合医療」は、まだ一般の方々には馴染みのない言葉でしょうか。
私がこの考えに出遭ったのはメディカルハーブを学びだした頃ですから、6~7年前に遡ります。
ついにというかようやくというか、この言葉が国会にも登場し、議論が交わされました。先の、予算委員会でのこと。
近代西洋医学に代替療法を統合する考え方ですが、
お薬と並んで、鍼・指圧・マッサージ・カイロプラクティック・アロマテラピーなどが単にラインナップされていれば良いわけではなく、患者一人ひとりをホリスティックに捉え、オーダーメードで提供できるチーム医療でなくてはなりません。
本年度より約1億円の研究予算が組まれているそうです。
「混合診療の禁止(保険診療と自 由診療を同時に行うことを禁止するもの)」という規制が統合医療の普及にとっては大きな障害になっているとよく言われていて、なんともしがたい雰囲気を感じていたのですが、こうした政策的な動きが出てきたというのは、今後に大きな影響を与えると思われます、ちょっと生々しいですけどね(^^;)。
今夜はちょっと堅い話題でした☆
[PR]
by greendoormeg | 2006-06-20 08:50 | 統合医療

助けられました

今日は新しい場所での初仕事が待っていました。
なのに、なんだかカラダが重くて・・・。
朝から降っている雨や気圧のせい?
疲れも睡眠不足も自覚はあります(反省・・・嘆)が、
これではお越し下さる方に申し訳ありません。
そこで、足浴をしてみました。
ただ、ゆっくりと・・・という時間はなかったので、
朝のPC作業(メールチェックとか・・・)をしながら(^^;)
(「え~、それでいいの!?」とのお叱りは承知なのですが・・・)
選んだ精油はジュニパーとゼラニウム。
どちらもむくみの解消に適していると言われています。
むくんでいる実感はなかったのですが、
代謝を上げたかったので。
ヒマラヤ岩塩に1滴づつ落としてからお湯へ。
お湯はやや熱めを用意。
15分ほど浸かっていたでしょうか。
汗はかきませんでしたが、
少しカラダがの動きが良くなりました、ほっ。
それから、
たっぷりのソイミルクで煮だしたジンジャーブレンドのチャイを飲んで出かけました。
ハーブたち、ありがとう♪
[PR]
by greendoormeg | 2006-06-10 00:10 | アロマ&ハーブ

陽射しが痛い!

ぐずついていた東京のお天気ですが、今週に入ってようやくお日様がサンサンと現われています♪
が、喜んでばかりはいられません。あっという間に日焼けしてしまいますから。
日焼け止めを塗っていてもなぜか紫外線の吸収がよい(嘆)私の肌は、赤くなることなく着実に焼けていきます(ΘoΘ;)。
なので数年前から日傘を使う事にしたのですが、陽射しの気持ち良さに「まぁいいかぁ」と手に持ったまま広げなかったり、何もなりませ~ん。
今シーズン、初めて仕事に持って出た時は、「お昼行こうかぁ」とエレベーター前まで来てから椅子の背にかけたままだったと気付いて取りに行き、食事を終えて数百メートル歩いてから、またしても席に忘れて来た!と一人引返して(>_<)。まだまだ持ち慣れません。
日焼け体質は息子たちにも受け継がれたようです。彼らは学校で焼けてくると日焼け止めを塗っていないため、ハンパじゃないのですが、お風呂上がりにラベンダー水をたっぷり吹き付けて、なんとか事なきを得ています。
またまたラベンダーありがとうの話になってしまいました~。
[PR]
by greendoormeg | 2006-05-31 08:45 | 健康&美容

今年も「クール ビズ」

昨年、流行語大賞をにぎわしたり、紳士服売り場の売り上げ増に伴う経済効果等、話題に事欠かなかった「クール ビズ」ですが、今年も!と政府内で、地球温暖化 防止及び省エネルギーに資するため、として6月1日から9月30日までの 期間、過度な冷房を控え軽装での執務を促す旨の発言があったようです。
多くの企業や団体が追随する動きを見せ、冷房が苦手な私は喜んでいましたが、それでもまだ空調が効き過ぎている場所に出くわした去年。今年はどうでしょう。
香りで涼しさを演出することも出来ます。寝苦しい夜などに、ペパーミントの精油で芳香浴、とか。
もしかしたら冷夏?との声もありますが・・・。
「COOL BIZ 2006」サイト
[PR]
by greendoormeg | 2006-05-27 10:02 | 健康&美容
a0055817_1644088.jpg冬なら加湿器、これからの季節はクーラーや送風器で「アロマ~」という製品を見かけます。
家電に続いてカー用品でも最近はよく目にします。
新車のパンフレットにもオプションとして載っていたり。価格にびっくり!ですが。
これはそういう純正品ではなく、カーアクセサリー、頂き物です。お手頃価格のよう。
シガーライターの部分に付け替えて装着。
中の小さなパットに精油を滴下します。簡単な構造。
でも見かけが・・・、どうなんでしょう?
今日も梅雨の走りのようなはっきりしない天気。
精油は、マートルとラベンダーにしました。
[PR]
by greendoormeg | 2006-05-18 16:04 | アロマ&ハーブ
a0055817_13202833.jpgストエカス・ラベンダー。
ウサギの耳のような苞葉が特徴です。
フレンチラベンダーとも呼ばれます。
けれどここから採れる精油には、いわゆる「リラックス効果」は期待できません。
え!?と思われました?「フレンチ」に惑わされてはいけません(笑)。
有名な作用を持つのは、真正ラベンダーとかイングリッシュラベンダーという種。
こういうとき地域や時代、はたまた誤解等によって呼び方が変わる別名や俗称は混乱のもと。学名が頼りになります。こちらは万国共通、ひとつの植物にはひとつの学名が付されていますから。
ストエカス種はLavandula stoechasですが、
後者はLavandula offcinalis,Lavandula angustifolia。
ラベンダーに限らず、種によって精油の含有成分が違うことは少なくありません。自ずと使用目的や使用上の注意もことなるので、学名の確認は大切なのです。
ちなみにストエカス種にはリラックス効果は期待できないと書きましたが、優れた抗菌力があります、が、神経系に対する刺激が強く、芳香浴での使用は出来ません。
[PR]
by greendoormeg | 2006-05-09 13:20 | 健康&美容