ハーブ&アロマコンサルタント・greendoor(グリーンドア) めぐみのつぶやき・・・


by greendoormeg
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

カテゴリ:おいしい&旅( 35 )

モチモチの木

a0055817_957118.jpg

小学校の教科書にありましたね。
じいさまとマメタの会話に挟んで、トチの木が登場していて。
トチの実で作ったおもちってどんなかしら?って思ってました。
こんな感じ♪偶然見つけました~。
きれいなオレンジ色の中はこしあん。なめらかなおもちに感激。非常にアクが強いそうですが全くわかりません。手間がかかっているのですね。ごちそうさまでした。
[PR]
by greendoormeg | 2007-03-25 09:57 | おいしい&旅

デジャヴ

日本でも映画公開されましたが、それ以前に観る機会があって(^ ^)。
デンゼル・ワシントン、さすがでした!
ってあまりにわかりやすい感想で恐縮です・・・。
この映画はアクション・サスペンスですが、
実際、私が経験するこの現象は、日常の場面が多いです。

多くのヒトが体験したことがありながら未だ解明されていない“デジャヴ”。
この言葉を知ったのは、中学か高校のとき。
ユーミンの曲にあって。
それまで、釈然としない、でも他人に話すべきでないように思われていたその感覚が、
決しておかしなことではないとわかり、
また、呼び名を与えることが出来て、安堵した事を覚えています。

だってそれまでは、
「あ、この場面、知ってる。次にこのヒト『○○○~』って言うわ」
って感じると、直後ホントにそうなって
「え~~~!なんで!?」
と、泣きそうに(苦笑)なっていましたもの。

アロマテラピーの講習では嗅覚と脳の繋がりを説明しています。
その中で私がもっとも惹かれるのは記憶と香りの関係。
余談が許される場では、
みなさんに持論(爆)を展開、
その中にはこのデジャヴもあるのですが。

それにしても、映画館って、シネコンの台頭が顕著ですよね~。
先日友人も、
地元で長年親しんできた映画館の閉鎖を惜しむ日記を書いていましたが。
確かにシネコン、使い勝手はいいのですけど。
[PR]
by greendoormeg | 2007-03-21 13:12 | おいしい&旅

懐かしい味!?大学いも

a0055817_20292176.jpg母お手製。
サツマイモがまだたくさんあったから、
思い立って作ってみたの、と。
そういえば私、数えるくらいしか作っていないお菓子のひとつ。
油で揚げるのが苦手で^^;。
息子達は大喜び♪
はいはい、IHキッチンになったら油はね怖くないから作ります。
でもなんで「大学いも」なのかしら。
Wikipediaで見てみると、
『大正時代に、東京の神田近辺の大学生が好んで食べていたため、
この名前がついたといわれる。
また、昭和初期に東京大学の学生が学費を捻出するために
これを作って売ったのが名前の由来だという説もある。』

ですって。
ふ~~ん。
いずれにせよ、黒ゴマは外せませんよね♪
[PR]
by greendoormeg | 2007-03-07 20:29 | おいしい&旅
a0055817_6293023.jpg春に実家が大幅にリフォームします。
ご他聞にもれず、
キッチンと給湯をガスから電気に切り替えるのですが。
「IH」にするというと
「火力が弱いんじゃない?」
「火が見えないとかえって不安」
等々周囲の声。
母と私の気は変わらないにせよ、
説明ままならず^^;。

私が福祉住環境コーディネーターを取得した10年ほど前は、
ちょうど住まいの電化が始まった頃。
高齢者の衣服(袖口)の着火事故の多さを知りました。
だからといって、
「この先の両親の高齢化を案じて」
というだけではIH導入の信憑性に欠ける(?)し、
新しい物好き、
流行り物好き、
なぁんて思われても(誰に?・笑)・・・・と。
百聞は一見にしかず、がモットー(!?)の私、
使って実感してこようと思い立ち、申し込んだのでした。

めでたく当選の葉書をいただいたのですが、
最近はかなりの倍率の抽選になっているのですって!
検討している方がいかに多いか、ということなのかしら。
従前のコンロ位置に置き換えるだけのタイプもありますしね。

a0055817_6331888.jpg「集う日の和風料理」がテーマ。
メニューは、
ブリの菊花焼き、豆乳茶碗蒸し、揚げ茄子の田楽、小倉のムース。
いかにも「お料理教室!」なものではありません。
家庭的なメニューの日を選んだので。

確かに、パンフレットなどで謳われている利点を理解出来ました。
火力は問題ないですし、
CO2や水蒸気を出さないので空気を汚しにくく
コンロや換気周りのお手入れが楽だということは、
水や洗剤の使用が少なくなるので、
環境には配慮できそう。
おっちょこちょいの私には、
切り忘れ防止、空だき自動OFF、鍋なし自動OFFなどの安全機能も魅力。

一番勝手が違うのは、おなべの周りが熱くならない事!
夏は汗をかきながら調理しなくて済みますし、
揚げ物の最中、油はね防止に新聞紙で蓋できちゃうのです!!!
紙物が隣にあっても火が出ているわけではないので燃えませんから、
って言われても~~、なんて最初は恐る恐る・・・(苦笑)。

なので、2時間半はあっという間。
行って正解でした(^O^)

そうそう余談ですが、お茄子って煮浸しにすると色が良くないですよね。
素揚げにしてから煮れば別ですが。
油に入れるときは皮面を下にして先に火を通すのがコツなんですが
(とここまでは私も知っていましたが)、
その理由は、
「一気に130度以上の熱に当てないと綺麗な紫色は出ない」からなんですって!
じわじわ火を通す煮物や、
先に実を高温に当ててしまうと皮に低い温度が伝わってしまい、
なんとなぁく茶っぽくなってしまうというわけです。
それはそれでアクが抜けるので良いらしいですが。
私の周辺にはお茄子好きなヒトがいるので、
これはいいこと聞きました
[PR]
by greendoormeg | 2007-02-21 06:38 | おいしい&旅

即席!りんごのジャム

a0055817_7554886.jpg次男が作りました。
小学校の総合学習の時間で、
保存食(乾物とかお味噌、干物・・・とこのカテゴリーは意外に豊富でした)をテーマに
ここ暫くいろいろ調べていたと思ったら、
「りんごのジャムを作ってみたい」と。

夕食もそこそこに
(食べることが大好きな彼にしては珍しく^^;)
取りかかりました。

材料はうちにあるもので。
・りんご(ふじ)1個
・レモン汁   ティースプーン1
・はちみつ   小さじ1
・シナモン   少々

「甘さは控えめにしたい」という本人の要望(!)で、
お砂糖ではなくはちみつを使いました。
シナモンを使うあたり、私の影響!?

作り方もちゃんと頭に入っていて、
スムースに出来上がり!
皮も入れることでほんのりピンク色の部分も。
アイディア、はなまるです♪

クラスの皆にお味見してもらうと、
今日、学校に持参していきました。
[PR]
by greendoormeg | 2007-02-20 07:58 | おいしい&旅
昨夜、寝る前に。
おかげでなんとか、少し復活したような。

昨日は目覚めから最悪。
のどはひりひり、目は腫れぼったく、頭痛も。
風邪ではなく花粉症のせいとは分かっていても、
しんどくて(なので昨日はブログさえ書けず・・・T T)。
日曜だけど仕事もあるし、
母業もあるし、
メールは多いし・・・、
半泣きでなんとか一日やり過ごしました。

寒くて冷え切った身体をゆっくりお風呂で温めて
(昔からなかなか温まらない体質で、長風呂派なのです)、
仕上げ(!?)にグリューワイン

赤ワインと香辛料などを温めて作るホット・カクテルの一種です。
日本ではホットワインと呼ばれることもありますが、
和製英語だそう。

この冬はスーパーなどでも「ホットワイン専用」なるものがありましたが、
普通のテーブルワインでOK。

赤ワインにオレンジピール、シナモン、クローブ、スターアニス、
そしてレモンピールとお砂糖の代わりに
ピンクジンジャーコーディアル(しょうがとレモンのシロップ)を入れて温めます。
ハーブ好きの私のいかにも、なレシピでしょ?(笑)
沸騰させない方がいいそうですが、かなり熱めが好みです。

さあ、今日も一日、始めましょう。
[PR]
by greendoormeg | 2007-02-19 07:09 | おいしい&旅

ブロッコリーのなり方

a0055817_8481657.jpg
まだ、こぶし大。
放射状に頭が見えて、
こんもりかわいい♪

こうなっているのね~、
初めて見ました(*^_^*)

大好きな野菜の一つ。
[PR]
by greendoormeg | 2007-02-17 08:48 | おいしい&旅
音楽聴いている方、多いですよね。
後は新聞や本を読んでいる方。
最近は携帯よりDS開いている方、かなり増えましたし
(ちなみにこれって、結構ご年配の女性、見かけます!)。

私は完全に書斎化^^;
なので、荷物多いです。
校正を持ち込むこともあれば、
書きかけの企画書の続きに、
目を通さなければならない資料や手紙、
時にはお返事用のレターセット、
そして文庫本。

優先順位はもちろん(苦笑)逼迫しているものから。
携帯しつつ、読書に至らない日も多くて~~。

いったん読み出せば、
少しボリュームのある(300ページくらい?)の本なら、
通勤往復の乗車中に読めるのですが・・・。

昨日は、とっても遠いところに出かけました。
湯島天神へは、その帰路に立ち寄って。
天気が良かったのは嬉しかったですけど。

私の住まいは東京の西南の外れ。
東京都をぐ~っと横断して、
なお千葉の真ん中まで。
乗り継ぎ多数で、2時間半の行程。
新幹線に乗ったら、関西に着いてるわ!
と思うと・・・。

お陰で、
文庫本は2冊、
資料4冊、
読めましたけど。
[PR]
by greendoormeg | 2007-02-13 06:54 | おいしい&旅
スタバではなくて、マクドナルド

こんな記事を見かけました。

え~~~と目を疑い(笑)ましたが、
アメリカでのお話。

消費者情報誌「コンシューマー・リポーツ」3月号に掲載されていて。

スタバは「焦げていて苦い」けど、
マクドナルドの「プレミアム・ロースト」は「上品で欠点なし」なんだそうです。

まだマクドナルドの高級豆のコーヒーは飲んでいないので、
コメントは控えますが^^;。

私、コーヒーも好きなのですが、
美味しいコーヒー飲めるとこって意外に少ないわ、って思います。
[PR]
by greendoormeg | 2007-02-09 14:15 | おいしい&旅
秋からのマイブーム(笑)。
かなり!気に入っています。
きっかけは9月に訪れたバルセロナのレストラン。

現地の取引先の方の案内で到着したそのお店は、
スペインでは評判が良いらしく、
掲載誌がたくさん飾ってあり、
店内はお客様も含めて大変活気がありました。

絶品だったのは海老のグリル。
カラつきのまま、全く飾り気などないのですが、
中は火が通り過ぎず程よくジューシーで。

サイドで出てきたのがオリーブとグリーンのサラダ。
ドレッシングも用意されていましたが、
周りの方はガラス容器に入った
透明な白、ピンク、オレンジ色の液体を大量に振りかけていて。
なんだかわからないけど(笑)真似してみました。

おいしい♪

奥行きのある豊かな風味とバランスのとれた味わいで、
調味せずこれだけで充分いただけるのです。
最後にお会いしたシェフにもそれを伝えると、
何にでも使ってごらん、と。

それまで私が使ってきたビネガーは酸っぱさだけが際立って、
全部使い切れなかった事もありましたが^^;、
すっかり概念が覆された一夜でした。

バルセロナは強行軍だったので調達する時間がなくて
(あのシェフにおねだりすれば良かった!?)
ちょっと心残りでした・・・。

ところが、帰国後、たまたま仕事先からいただいたのがこれ。
a0055817_6504814.jpg
25年熟成、シェリー酒100%のシェリービネガー。
欲しかったの~~!と思わず絶叫(心の中で、です・爆笑)。

そうそう、件のシェフのおすすめは
●サラダのドレッシングやソースのベースに
●マリネなど魚介類、さまざまな肉料理にただかける
●飲み物に加えて
●ヨーグルトやアイスクリームに数滴たらして
こんな感じ。
私は、とにかく様々なお料理に、いただく直前振り掛けるだけですが。
[PR]
by greendoormeg | 2007-01-18 06:55 | おいしい&旅