ハーブ&アロマコンサルタント・greendoor(グリーンドア) めぐみのつぶやき・・・


by greendoormeg
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

カテゴリ:アロマ&ハーブ( 128 )

a0055817_1644088.jpg冬なら加湿器、これからの季節はクーラーや送風器で「アロマ~」という製品を見かけます。
家電に続いてカー用品でも最近はよく目にします。
新車のパンフレットにもオプションとして載っていたり。価格にびっくり!ですが。
これはそういう純正品ではなく、カーアクセサリー、頂き物です。お手頃価格のよう。
シガーライターの部分に付け替えて装着。
中の小さなパットに精油を滴下します。簡単な構造。
でも見かけが・・・、どうなんでしょう?
今日も梅雨の走りのようなはっきりしない天気。
精油は、マートルとラベンダーにしました。
[PR]
by greendoormeg | 2006-05-18 16:04 | アロマ&ハーブ

オーストラリアのお土産

a0055817_1820499.jpgここ数年、友人知人の幅が急に広がったように思います。特に年下が。むしろ年配者は昔っから多いのですけど(^^;)。
その中にとても美しい帰国子女姉妹がいて。妹さんとは香料つながりで。
彼女たちが春先、ご両親としばらくケアンズにvacation(いわゆる旅行より長期間)に出ていました。出発前に妹さんが、絶対たくさん精油を買ってくる!と興奮気味に話してくれて。日本の1/3以下ですから。いろいろリストを交換して、後はお任せで♪とお願いして。
AUといえばユーカリ、そしてジュリークというわけでまず一本。お値段の安さにびっくり、香りは勿論○。これからの梅雨のじめじめ時期に重宝しそう。
嬉しかったのはもう一本の方。リクエストしていたのはマートル。効果や香りが同じくAU原産のユーカリやティーツリーと重なるせいか、日本での紹介は多くはないのですが。その近種のレモンマートルを買ってきてくれて。レモングラスをもっと爽やかに、軽くしたような香り。車の中の芳香浴に使っています。
画像のsunsprit社はパンフレットだけですが、お勉強にいただきました。なんでもAUではかなりポピュラーなようです。まだまだ知らない事、本当に多いです~~。
[PR]
by greendoormeg | 2006-05-16 18:37 | アロマ&ハーブ
a0055817_1045971.jpgペーパーカップの中はルビー色。そこはアロマやハーブとは直接の関係はない、IT関連企業の応接スペース。そういった場面でもハーブティーが浸透してるのね♪と。
先に一口お飲みになった同行の方が「ローズヒップですね」。この甘酸っぱさ、やっぱりそう思われるのですね~。彼女もまた、アロマやハーブの業界ではありません。
確かにローズヒップはブレンドされています、が、酸味の正体は「ハイビスカス」。“ローズヒップ=ビタミンCが豊富=酸っぱい”というイメージ、根強いです。でもローズヒップをシングルでいただくと分かりますが、本当はレモンのような酸っぱさはなくて。
ハイビスカスにはビタミンCはほとんどなく、主成分はクエン酸。体内でクエン酸回路という働きが活性化されて、乳酸などの疲労物質が排泄されますが、この回路はビタミンCの存在によって活発に働きます。なので相乗効果の点からハイビスカスにはローズヒップをブレンドします。また、クエン酸特有の酸味をむしろ緩和させて飲みやすくするためにも。このブレンドは伝統的、王道とも言えます。
ハイビスカスといえば南国の日差しの下、色鮮やかに咲き誇る花が浮かぶでしょうが、お茶に使われるのは花そのものではなくてガク。これも意外な点でしょう。
さて、最後に問題です。この酸っぱいハイビスカスだけのお茶に、牛乳を入れました。カップの中の液体は、どう変化するでしょうか?
[PR]
by greendoormeg | 2006-05-13 10:50 | アロマ&ハーブ

今年で最後かも

a0055817_10454767.jpg
枝をかなり切ってしまったので、もう来年は咲かないだろうと母。
綺麗に咲いているから、写真を撮って来てと頼まれました。香りも楽しんでね、とも。
ダマスクスのローズオットーを軽やかにしたような香りです。今日も精油より生の花に軍配。
[PR]
by greendoormeg | 2006-05-11 10:45 | アロマ&ハーブ
a0055817_6455677.jpg実は3~4センチ四方のやけどでした。まず氷を当てたのですが、ヒリヒリ、じんじんして、そのうえ直冷のせいか指先がしびれてきたので氷を外して。赤く腫れ始めていた部位にラベンダーの精油を綿棒でつけました。
そうそう、精油の扱いで「原液を肌に塗ってはいけない」とあります。そうなのです!だからこの使い方は例外。しかも『1滴』を『綿棒』にとって使います。ごく僅かの量です。
「アロマテラピー」なる造語を用い始めたフランスの化学者ガットフォセが、実験中に負った火傷に対してラベンダー精油を塗布したところその回復力に驚き、精油をより研究することになったと今日のアロマテラピーの発展を語るときのエピソードとして挙げられています。その応用的な使い方。
話を戻して、キッチンでのやけどの顛末。赤い部分に綿棒をくるくるさせていくとみるみるうちに腫れが引いて、痛みがとれるからあら不思議。これには毎回(度々の出来事でお恥ずかしいですが・苦笑)感動モノです♪後はお風呂から上がったとき、翌朝、と二回塗りましたがすでにどこがやけどしたのか分からないほど。今回もお世話になりました。
そろそろ庭先のラベンダーも咲き始めています。でもやっぱり一度は富良野のラベンダー畑を満開の時に訪れたいモノです。
[PR]
by greendoormeg | 2006-05-03 07:07 | アロマ&ハーブ
久しぶりに仲良しのアロマ整体師さんに、リフレをしてもらいました。
彼はクライアントさんの状態を深く観察した上で足浴に使う精油を選んでいるのですが、私の場合は毎回「なぜこれ?」という意外なチョイス。でも結果、いつでもぴったり馴染むので、その理由をああでもない、こうでもないと二人で議論するのも楽しい時間なのですが。
今回はラバンジンとティーツリー。それとは別に芳香浴にはレモンユーカリを使ってくれて。この精油の羅列だけ見ると「水虫なの!?」って印象ですよね(^^;)、勿論!(チカラ込めすぎ・笑)違うけど。そういえば前回はレモングラスやローズウッド、シトロネラあたりも候補になっていて、「なんで最近虫除けの精油ばかりがひっかかるのでしょうね~」と明るく言われてしまいました(苦笑)。
本当になんでかしら?気持ちをきりっとクリアにするため??「悪いムシがつかないようにって事かもね」なんて、あっけらかんと言ってくれちゃって・・・。
けれど不思議。このブレンドで15分足を温めている間、爆睡。その後のリフレも始まったぁと思ったら「はぁい終わりですよ~」の声。えっ?これからでしょ??と思わず時計を確認。しっかり時間、経ってました~~。
睡眠時間激短の私は、ここで質のいい睡眠を得てます、って言えば聞こえはいいけど、やっぱりちゃんとおうちでも寝ないとね、ハイ。
やっと暖かくなった、と思ったら一ヶ月前の気温に逆戻りみたいです。こんな時期ですから、皆さんも眠りを大切に・・・。
[PR]
by greendoormeg | 2006-04-15 01:12 | アロマ&ハーブ
a0055817_893725.jpg先日、一つ咲いているのを見つけました。よおく見ると他にも花芽が。ようやく私のローズマリーにも水色の可憐な花々で彩られるのかと思うと、とっても嬉しくて!
初めは5年前の夏の終わり。15センチほと゜の若芽の挿し木から。ハーブ栽培の講座の先生から「お水に数日さして置いてから植え替えてくださいね」と手渡されて。
それまでの私はなかなか植物を上手に育て上げられずにいたので、その時もさしたる期待もせずに、言われたまま育て始めました(苦笑)。
水やりを忘れることもたびたび。けれどグングン伸びていく様を見ているうちに楽しくなって。それからです、他のハーブや花たちにも愛着を持って育てられるようになったのは。私の原点。
次の春からは家で食べる分には全く困らなくなるほど育ち続け、お料理のレシピとともに友人や生徒さん達にお分けするほどに。
ローズマリーというと水色というか薄紫の花が流れるように咲いてる姿を思い浮かべる方も多いでしょう。最初は「草」っぽかったのが徐々に木質化して、何年かすると花を咲かせるようです。「花を咲かせたら寿命が近い」なんて言われたこともあって、花がつかないのは残念なようなホッとするような・・・そんな数年でした。
抗酸化成分が高く、アロマテラピーの歴史の中では必ずと言っていいほど「若返り」をキーワードとしたエピソードが出てくるほど有名ですが、私にとってはお利口で美味しいハーブ。どんなにたくさん花が咲いても、変わらず大きくなり続けてね♪
[PR]
by greendoormeg | 2006-04-14 08:11 | アロマ&ハーブ
利用しているブログサービスで昨日から「タグ機能」が追加されました。
どんなものかと思い、とりあえず三月に書いたものまでさかのぼって、タグを付けてみました。
どちらかというとご覧になる方より、書いている私に意味のある機能なのかしら??
どういう傾向の内容が多いか、掴めたりするので・・・。
[PR]
by greendoormeg | 2006-04-06 07:52 | アロマ&ハーブ

なんていい香り!

a0055817_19225222.jpg桜の花散らしの雨が降っています。お昼前までは薄日も差していたので、天気予報が外れてくれるといいなぁと思っていましたが。
所用で湘南方面へ出かけていました。住宅地を抜けていくと突然視界が開けて広大な畑が現れるのですが、道端にはどこからか飛んできた種が根付いたようにいつも何かしらの花が咲いていて、いつも密かに楽しみにしているポイント♪
「今日は水仙だね~」と話しながら一旦通り過ぎたものの、あまりの香りの良さに引き返し、しゃがみ込んでじっくり見つめてしまいました。黄水仙は父の郷里の花なのでうちにもたくさん植えてありますが、ここまでの香り立ちはしていないような・・・。一緒にいた次男曰く「ジャスミンに似てない?」と。うんうん、そうね!園芸種も多いのですが、日本古来のものや野生種の方が断然香りが良いそうです。
学名・Narcissus、英名は narsissus 。美少年ナルシッサスが水面に映る自分の姿に見とれ、恋いこがれて水辺で息絶え、そのまま花になってしまったのがこの水仙だというギリシャ神話を思い出される方もいらっしゃるのでは?
美貌(姿形)に酔いしれるというより、香りに陶酔しそうでした。
[PR]
by greendoormeg | 2006-04-02 19:37 | アロマ&ハーブ

のんびり春休み

a0055817_2127776.jpgちょっと足を延ばして出かけた先は、桜はまだ咲き始めでしたが、瀟洒なエントランスのアプローチには可愛らしい花々が溢れていて♪
温泉には様々な変わり風呂があって、花粉症対策風呂なるものも。どんな香りかしらね~と近付いて行ってびっくり!予想外の色!ショッキングピンクでした~。
ユーカリとラベンダーの精油とバラとシソエキスが入っているそうなので、この色?f^_^;
[PR]
by greendoormeg | 2006-03-26 21:27 | アロマ&ハーブ