ハーブ&アロマコンサルタント・greendoor(グリーンドア) めぐみのつぶやき・・・


by greendoormeg
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

涼しさを演出する香り

ペパーミントの精油はいかがですか?
清涼感はお分かりいただけるでしょうか。
眠気防止、食べすぎに、あとは打ち身などの鎮痛?
イメージはこんな感じでしょうか。
クリスタル様の容器や、グリーンなどと組み合わせて芳香を演出するのは、
眼からの涼しさにも。
でも私のお勧めは熱帯夜の誘眠に。
え??眼が覚めちゃう??って思いますよね^^
でも、臨床はかなりいい結果が。
例えば妊婦さん。
お腹が大きくなってくるとただでさえ仰向けになれず寝ずらいのに暑さまで加わって(泣)という彼女たちにもよく話しているのですが、
まず、よく知られている眠気を覚ますという作用機序を考えてみましょう。

=ペパーミント(Peppermint)のプロフィール=
学名:Mentha piperita
科名:シソ科
主産地:アメリカ合衆国、イギリス、フランス
抽出部位:葉部
抽出方法:蒸留法
主要成分:l-メントール、メントン
作用:消化器系機能調整、中枢神経系(脳)機能亢進、消炎、鎮痛、鎮痙

ハーブの得意技は「調整」。お薬が一方向の作用しかないのに比べて、ハーブは多すぎるなら減らし、足りないなら補う、という双方向の働きを持つ、なんとも賢い植物。
上述の作用のとおり、中枢神経=脳に働きかけて調整を図るのですから、日中はまだまだ活動時間、寝てはいけませんよ、の指令を出すのですが、では夜は?そう、もう休みなさいよ、に指令が変わるのです^^
これはハーブティーも同じ。海外モノの「GoodnightSleep」などというネーミングのブレンド内容をご覧下さい、必ずと言えるほどペパーミントが入っています。
ペパーミントにあまりに強固な「目覚し」意識を持っていたら難しいのかもしれませんが。お試しを♪
[PR]
by greendoormeg | 2006-08-05 18:35 | アロマ&ハーブ