ハーブ&アロマコンサルタント・greendoor(グリーンドア) めぐみのつぶやき・・・


by greendoormeg
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

香り立つような満開の桜のトンネル

お花見ウィークとでもいいましょうか。仕事柄、日々訪れる場所が違うのですが、咲き誇っている桜の素晴らしさは変わりなく、感嘆の声をあげっぱなしです(^O^)♪
今日は住んでいる街のあちこちの桜並木を堪能。こぼれんばかりの花をつけた枝振りを褒めつ眺めつ川の沿道を歩いていた時のこと、平日ながらグループで訪れている方が多く談笑が自然と耳に入ってきます。桜の花の香りが話題になっていました。「梅の方が断然いいわね」「桜って匂いがないのかしら」「あら、あるわよ」みたいな。
そうそう。今満開のソメイヨシノは香りがほとんどないので。こんなにたくさんの花達に囲まれても、「むせかえるような」といった経験をされたことはありませんでしょ?おそらく多くの方が桜の香りとしてイメージされるのは、桜葉漬なんだと思います、桜餅に巻いてあるアノ葉っぱです。クマリンという成分が中心なのですが。トンカビーンズの精油はまさにその香りで、初めてその香りに出逢った時には感動でクラクラしました、余談ですが。
a0055817_171798.jpgこれは先日チラッと書いたPOLAのサクラガーデンですが、創られたパフューマーの方曰く「あくまでも僕の中にあるソメイヨシノのイメージ」。桜の花の香りはごくごく薄いけど、毎年桜の開花を待ち望み、お花見に出かけ、散りゆく花びらにさまざまな想いを馳せる・・・、そういったさまざまな背景を汲んだ表現としての香水。香りは眼には見えないけれど、鑑賞に値する芸術なんだとしみじみ思うのでした。
風が出てきました。少し雨も降ってきました。今夜は花冷えでしょうか。
[PR]
by greendoormeg | 2006-03-30 17:20 | フレグランス