ハーブ&アロマコンサルタント・greendoor(グリーンドア) めぐみのつぶやき・・・


by greendoormeg
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

初めての試み

縁あってお声をかけていただいたヘルパーさんとの企画によって、「予防介護教室」の講師をさせていただきました。対象は元気な60~80歳代の方々。これまでは整体やマッサージの先生がいらしていたそう。「アロマテラピー」でお集まりいただけるのか、少々の不安と、私にとっては初めての対象群に緊張と期待を持って当日を迎えました。
三月になったというのに朝から冷たい雨が激しく降り続け、自由参加だからスタッフ以外は来ないかも~、という心配をよそに、しっかり歩いて、あるいはバスで大勢いらして下さいました!「なかなか聞けない話だから」とおっしゃる様子から、楽しみにしていて下さったのだとまずはホッ。
目に見えない香りを活用して健康増進ができるという話の後、ハンドトリートメントのデモと最後はみなさん、ペアになってお互いにしていただきました。
途中、三つの精油の香りを回しましたが、やはりスイートオレンジが一番人気。ユーカリは花粉症対策の話をしたらメモをとられている方が多く見受けられて。ラベンダーは案の定「くさい」という声も(^^;)。
決して香りづけだけやファッションではなく、医療現場でも注目されているという話や、本来私たち人間と共に生きてきた植物に対する信頼感についても大きく頷かれていらっしゃいました。
ハンドトリートメントには、女性が多いことを予想して、また男性にも比較的馴染みのあるローズを使いました。ご自身の手で方法を学んだ後、もう片方はペアの方にしていただきます。すると、あちこちから「してもらう方が断然気持ちいい」という声が。そうですよね。自分にする感覚、していただく感覚、そして誰かにする感覚、を感じとっていただきたかったので♪
実習中には色々なお話が伺えました。実はとても香水が好きとか、自家製ラベンダーをドライにして枕に入れているとか、シャンプーはいい香りを使いたいとか、お孫さんがいい香りをつけていると喜ぶとか・・・。精油の値段や購入場所を尋ねてこられる男性もいらっしゃり、とても和やかに終えることが出来ました。
お薬は確かに治療に適していますが、アロマテラピーやハーブを使った植物療法は、予防や介護・リハビリなどの福祉の面では力を発揮すると考えています。今後もこうした機会を大切にしていきたいと思っています。
[PR]
by greendoormeg | 2006-03-02 06:55 | 統合医療