ハーブ&アロマコンサルタント・greendoor(グリーンドア) めぐみのつぶやき・・・


by greendoormeg
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

インフルエンザが流行っています

昨シーズンに比べると罹患されている方は少ないようですが、周囲からも度々耳に入ってきます。
この時期、アロマやハーブを使った健康管理をテーマにした講習では、ルームスプレーを作ったり、自衛策をお話ししています。
ハーブティーはどんなものを飲むかは、そのハーブの持っている特徴から比較的納得いただけるのですが、どんな精油を使って芳香浴をすればいいのか、ご質問が殺到してしまいます。
まず、わかりやすいのは、精油の抗菌作用で室内を浄化できるという点。ですからルームスプレー作りでは、抗ウィルス作用を持つユーカリが一番人気になります。が、寝るときはその香りでいいの??となるようです。
なぜ芳香浴をおすすめするのかというと、精油のチカラによって物理的に病原菌をやっつけるだけでなく、「いい」香りを利用して「快」の感覚を得て、「リラックス」をしたいのです。嗅覚からの伝達がストレスでがちがちになっている身体の自律神経を刺激し、調節してくれる働きをうまく使おうというのがアロマテラピーの狙い。それによって偏っているホルモンバランスを整えたり、免疫力を高めたり、と。
特に忙しい日々を過ごしていると、日中のストレスでダメージを受けた免疫力は眠りの中で回復させなければなりません。そこで、質の高い睡眠を得るために寝室の芳香浴が◎なのです。ですからご自分によって心地よいと感じられる香りを選ぶことが一番。先のユーカリでは・・・、という場合、レモンやラベンダーはいかがですか?勿論、それ以外でも♪ただし、先日私が失敗したように、「ローズマリー」は覚醒していまうかもしれませんが・・・。
a0055817_6461758.jpg
ところで、久しぶりにPCから更新しました。
移動時間にちょこちょこと携帯で送れるのは便利だけど、打つのに時間がかかるし。
モバイルやPDFが気になってしまいます(^^;)。
[PR]
by greendoormeg | 2006-01-26 07:23 | アロマ&ハーブ