ハーブ&アロマコンサルタント・greendoor(グリーンドア) めぐみのつぶやき・・・


by greendoormeg
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

やけどにラベンダー

このブログの体裁になる前にも何度もサイトで書いていましたが、火傷に対するラベンダー精油の威力をまたまた思い知らされました。
今度は長男。冬休みに入ってからお風呂に大好きな新書を持ち込んで、長湯をしながら読書をする醍醐味(?)を覚えた彼ですが、さすがにこの時期は30分も経つとお湯が冷めてきます。追い炊き自体は以前から習得していたはずですが、本に気をとられてうっかり追い炊き口に背中をつけてしまったようです(嘆)。
その夜、私は帰宅がかなり遅かったので、話を聞いたのは翌日、しかもお風呂に入ろうとしたときに思い出したかのように告げられて。つまり丸一日経ってから。昼間気にならなかったのなら大したことないかな、と気安く見てびっくり!
既に水ぶくれが化膿し始めていて、傷の箇所や状態から痕に残るかも(泣)と思われました。そのままではお湯が染みて入浴できないと言うので、最初はお風呂から出てきてから、と思いましたが、とりあえず綿棒でラベンダーの精油を傷に塗布。精油は脂溶性ですから、傷を保護して水をはじくのか、その後はお湯に浸かれましたa0055817_02414.jpg
お風呂を終えてからまた綿棒でちょんちょんとつけて、翌朝も着替える時に塗布。そんな感じで一日二回、三日続けたところでかさぶたが剥がれました。あと数日で気にならなくなりそう。子供ですから新陳代謝が良いこともあるでしょうが、やはりラベンダーの力に感激せずにはいられません。
最初に傷を見たときは、直後に対処してあげられなかったことを悔やみましたが、ヒドくならずに本当に良かったです。ガットフォセの気づきに感謝♪
[PR]
by greendoormeg | 2006-01-02 00:24 | アロマ&ハーブ